効果的に雑誌広告を出稿するためにはどうすればいいの?

雑誌広告

この記事では、雑誌広告を行っていく上で、掲載雑誌を選ぶ時のポイントを、3つ記載しています。まずは雑誌広告とはどのようなものか、学んでいきましょう。

雑誌広告といっても、一種類だけではなく、無料のものや書店で並べられる雑誌などあります。雑誌は紙を印刷して作られるものなので、それだけ経費がかかります。利益が出なければ、その経費は損益になってしまいますので、効果的に雑誌広告をしていくには、コツを心得ていなければなりません。

雑誌には、以下の2種類あります。

・無料で配布されるフリーペーパー
・書店で並べられる販売誌

どちらも印刷して作っている以上は、当然ですが経費がかかります。そのため、どこかで利益を出さなければいけません。どちらも広告ページはありますが、フリーペーパーだと値段がつかないため、広告費のみの収入になります。広告費で収入を得るためには、効果的な戦略を考えなければなりません。

そこで、次の章では、雑誌広告において、心得ておきたいコツやポイントについて、ご紹介していきます。

広告宣伝の方法の一つには、雑誌広告もあります。しかし、大事なのは何を掲載してもらうかだけでなく、どんな会社に掲載してもらうかです。ここでは、雑誌広告を出稿する時に、失敗しない選び方を、3つにまとめてみました。

1.安いからといって飛びつかないこと!

コスパが高いと、すぐ食いついてしまいそういなりますが、安い会社にはそれなりの理由があります。どうしても依頼が欲しくて、無理している可能性も有り得ます。相場よりも安い場合には、慎重になりましょう。

広告会社から、もしも予想以上に安いご提案が出た場合には、なぜそんなに価格が安いのか、調べてみる事も大事です。

2.自社の強みを十分に説明できない会社は信用できない!

「会社の強みは何ですか?」と聞くと、ほとんどの会社が、企画力とか、デザインがいいなどの答えを返してきます。これは、あまり他とは変わらず、ライバルに負けてしまう要素です。何かコレ!というような、本当にその会社にしかないような特別なものがない会社は、あまり頼りになりません。

自社の強みを、具体的に明確に答えられる広告会社は、それだけ自社の事を研究しており、理解している証拠です。

自分達が何をすれば最高のパフォーマンスを成し遂げられるか分かっている会社という事です。

3.品質が命!

広告で最も大事なのは、価格よりも何よりも、広告効果です!デザイン性があっても、企画が斬新でも、広告効果が出なければ意味がありません。

販売促進にとって、広告効果は命です。どんな難しいテーマでも、色々な切り口から検証し、確実に成功する販促企画を立てていきましょう!

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。