ユーザーはスマホの広告を消す?消される理由と消去方法を知る!

スマホ 広告 消す

近年、新登場した「スマホ広告」。やっぱり今のトレンドはスマホユーザーが牽引していますよね。そんなスマホユーザーたちに効果的に情報を配信できるスマホ広告は、やっぱり外せない方法! でも、安心してはいられないんです。実は、一部のユーザーはスマホ広告をうっとうしいと思い、いろいろな方法で「消している」んです…。

自分の打った広告が消されていると知れば、それほどショックなことはないですよね!!でもここはまず落ち着いて、消される理由や消去方法を見ていきましょう!

スマホでインターネットのページを閲覧しているときや、アプリを使っているとき、ユーザーが「この広告、うっとうしいな…」と感じているのは事実。確かに、自分でも使いながら、そう感じることってありますよね。もちろん、私は広告大好きなので、他社さんの広告を見て勉強しながらわくわくしているんですが、普通の人はきっと閲覧の妨げになると感じてしまうのでしょう。また、スマホの画面はPCやタブレットの画面と比べて小さいため、より閲覧の妨げになったり、目につきやすかったりするんだと思うんです。

これがスマホ広告をより「うっとうしい」と感じてしまう原因なのではないでしょうか?また、広告の中には、子供に見せたくないものもありますよね。親御さんがお子さんのためにそんな広告をブロックしたいと考えるケースもあるようです。最近は、子供たちも普通にスマートフォンを使っていますから、親御さんはハラハラですよね。

では次に、スマホ広告はどうやって消されているのかを知っておきましょう!

1.広告をブロックするスマホアプリを使用する

ブラウザにインストールするアプリを使ったり、そもそも広告をブロックする機能を持つブラウザを使ったりする方法です。また、プロキシの設定を変えて広告をブロックする方法もあるみたいですね。

2.機内モードにする

例えばゲームアプリなどを使っているときに表示される広告は、インターネットに接続していないと表示されないことも。その場合、「機内モード」を使用してネット接続を切ることで、アプリで広告が表示されなくなるのだそうですよ。もちろんネット接続必須のアプリでは使えませんが、ある意味裏技ですね!

広告を打つ側としてみれば、スマホ広告が消されているのは悲しい事実。そこで、できるだけ消されないように、うっとうしいと感じさせるのはどんな広告なのかを知っておくのも大切ですよね!

スマホ広告で特に嫌われているのが、Webサイトを閲覧しているときに、スクロールしてもくっついてくるお問い合わせボタンやバナー広告。一緒にくっついてくること自体気になるのに、さらにページの文字や画像が隠れて見えなくなってしまうことも。この広告は、大きさや内容に注意したほうがよさそうですね。

「スマホ広告は消されている!」というこの事実を踏まえて、これからはできるだけ「消されない」良い広告を作っていきましょう!

楠木 ころみ

この記事を書いた人

本名は楠木(くすのき)ころみ。性格は明るく元気で好奇心旺盛。おっちょこちょいな面もあり、何もないところでよく転ぶ。物事に興味を持ったら気になって仕方がなくなってしまう。エキゾチックライターの事を先生と呼んでいる。好きな食べ物はわらびもち。