新聞広告の費用や新聞スペースごとの特徴、全国版・地方版の違いについて

040101

この記事では、新聞広告の費用や、スペースについて記載しています。また、全国版や地方版、どの点が違っているのかなどについても、ご説明していきます。

新聞の費用を教えて!

新聞は、昔からある、公の媒体です。インターネットが普及し始め、利用者が増えている現代でも、いまだ新聞をとって情報収集する人は多いです。だから、宣伝活動においても、新聞を利用する事は理にかなっているのです!しかし、新聞に宣伝文や写真を掲載してもらうのにも、それなりに費用がかかります。いったいどのくらいのコストをみておけばいいのでしょうか?

新聞に、伝えたい情報を掲載すると、かなり大きな反響が出ます。そのため、新聞社にお金を払って、自社の広告を載せてもらう会社も多いです。

プロモーション活動において、新聞を活用していけば、とても大きな効果を生み出せるでしょう。ただし、それだけ広告には費用がかかるのも事実です。それでは、新聞広告にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

新聞広告の出稿費用は、その新聞各社で違っていて、全国版か地方版か、さらに朝刊・夕刊かによっても異なってきます。以下、毎日新聞社による新聞広告費用です。(記事下基本料金毎日新聞)

・朝刊
東 京 52,100
北海道 6,700  
大 阪 37,100
中 部 9,300
西 部 17,100
全国版 108,000

・夕刊
東 京 35,600
大 阪 28,000
中 部 5,700
西 部 8,800
全域版 69,500

※指定料は料金のうち、10%適用
※東京版朝刊社会面に掲載の場合は、北海道版が併載になる
参考URL http://macs.mainichi.co.jp/price/price.html

新聞には全国版と地方版とがありますが、もしも全国版に掲載されれば、日本全国の人に、情報伝達できるので、幅広い人達に認知してもらう事ができます!

しかし、この全国版と地方版についての違いって、今一つわからなくないですか?ここでは、全国版と地方版について、分かりやすく解説していきます。

全国版でも地域ごとに内容が違う!

朝日新聞や読売新聞、毎日新聞は、一般的に全国紙と呼ばれている新聞です。全国紙でも、東京や大阪、福岡などで売られている新聞では、内容が多少違っています。これはなぜかというと、各エリアによって、必要とするニュースが違うからです。

その地域の読者のニーズを考慮した上で、新聞に掲載するニュースを選んでいくため、地域ごとに掲載されるニュースのチョイスが変わってくるのです。一面や社会面、政治、経済、海外、スポーツ、生活、健康関連の面などは、全国版になります。

地域版とは?

全国版に対して、新潟面や山梨面などのように、その地域、県ごとに面を設けているのが、地域版にあたります。

040102

新聞のスペースについて

新聞広告は、新聞のどのスペースに配置させるかによっても、かなり宣伝効果が違ってきます。そのため、新聞スペースを選ぶ事は、とても重要です!ここでは、新聞広告スペースの種類について学んでみましょう。

・つきだし
上部の記事スペースへ、突き出すかのように掲載される部分です。

・広告スペース
記事の中に挿入される広告です。文章が一段あり、十数行の幅で、広告が載せられます。

・記事下広告
新聞広告の中で、一番一般的な広告でしょう。1ページ全部使用する15段のスペースから、7段や5段など、様々なサイズから選べるので、広告内容によって使い分けてみてください。

記事スペース下にあるスペースには、大きなサイズで写真や絵、マップなどを掲載できるようになっています。勿論、紹介文を挟むこともできます。

より多くの情報を知ってもらいたい時に利用するのに適したスペースです。用途に合わせたサイズで広告掲載できるのがメリットです。

・小枠広告
雑報広告は、「小枠広告」と呼ばれています。比較的低コストで掲載できるのが魅力です。

記事内に掲載されるため、小さくても記事を読むついでに目がいくのとで、自然と注目してもらう事ができて効果的です!

・新聞記事バサミ広告
一段の記事中に、数行分のスペースで掲載されます。一回だけではなく、何回か掲載してもらう事によって、商品名や会社名などの知名度を上げていきます。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。