ラジオCMで広告を出すなら!知っておくべき料金設定と出稿の進め方

ラジオCM 広告

みなさんは、ラジオCMで広告を出してみたいと考えたことはありませんか?これまでテレビCMは出稿したことがあるものの、ラジオCMはまだ未体験という人。また、テレビCMは敷居が高いけれど、ラジオCMならできそうだ、と感じる人もいるでしょう。

そこで、どちらの人にもぜひ知ってほしい、ラジオCMの料金設定と出稿の進め方をご紹介します。

ラジオCMは、基本的にパーソナリティと個人的にコミュニケーションを取っているかのようなメディアだといわれています。このことから、テレビCMよりも、より親密性の高いPRができます。

特に、通勤時間などに車の中で聞かれることの多いラジオは、車移動層が自社商品のターゲットに多い場合、非常に有効です。また、ラジオ広告はリーセンシー効果も高く、直前に聞いたラジオCMによって購買行動につながりやすくなります。

そんなメリットの多いラジオCMは、どのような料金設定になっているのでしょうか。

ラジオCMは、1本のスポットCMが一つの単位になります。ある時間帯にCMを一本打ちたい場合、ラジオ局によって時間帯別に定められた「タイムランク」から、1本あたりの価格が決まります。この単価のことを「スポット単価」と呼びます。2本打てば、スポット単価に基づいて、2本分の料金になります。料金設定はこのように決まっているんです。

なので、ラジオCMは自社商品のターゲットが多く聞いている時間帯に絞って、ラジオCMを1本打つという、ピンポイントでの施策が可能ということですね。

では、ラジオCMを実際に出稿したい場合、どのように進めればいいのでしょうか?

まずはどんな広告商品があるのかを見ていきましょう。一般的なのは、番組中もしくは番組間で流す「スポットCM」と、3ヶ月などの期間限定で番組の前後にクレジットを流し、さらに同じ時間帯に毎回CMを流すという「タイムCM」です。また、「○○が9時をお知らせします」などの時報と共にPRできる「時報スポット」や、渋滞情報などの提供中にCMを出せる「交通情報」などがあります。

これらの広告商品の中から、ターゲット、商品の特性、予算などを考慮して最も適したものを選びます。ラジオ局にラジオCMを発注する時期は、遅くてもオンエアする日の一カ月前までといわれています。希望する時間帯を伝えると、スポット案と単価の提示がラジオ局からあるのが一般的。広告主からOKが出るまで打診します。OKが出たらラジオ局へ5日くらい前までにCM素材を納品し、オンエアを待ちます。

ラジオCMの料金設定と出稿の進め方、いかがでしたか?

思った以上に、簡単かつ自由が利くように感じられたのではないでしょうか。実際、テレビCMよりも出稿しやすく、自由度も高いといわれているこのラジオCM。ぜひ活用してみましょう。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。