PRとは?PR担当者が知っておきたい3つのポイント

PR

この記事では、PRとはどういう事なのか、PR担当者が知っておきたい大事なポイント3つにしぼって記載しています。

まずは、PRの基本的な事を学んでみましょう。

PRの定義

PRとは、Public Relationsの略で、「宣伝広報」や「広報」という意味があります。多くの場合、Public Relationsではなく、PRと呼んでいます。ちなみに、PR agencyという言葉もありますが、これは「広報課」という意味になります。

広告とPRは違う!

広告とPRは、同じ意味だと思っていませんか?実は同じではありません!
「広報活動しています。」あるいは「PR活動しています」と耳にすると、何となく、広告代理店を想像してしまったり、何かを宣伝するのを思い描いてしまうものですが、厳密には、広報と広告宣伝の意味は異なるものです。

それでは、実際にどのような定義なのか、それぞれ具体的に見ていきましょう!

・PR 活動について

PRは、メディア関係者(例えば編集者や記者などのマスコミ)に、自社の情報を伝達し、テレビやラジオ、雑誌などのメディアで紹介してもらえるよう、アプローチしていく事です。メディアが情報の価値を認めてくれれば、記事や番組などで紹介してもらう事ができます。

・広告・宣伝活動について

広告や宣伝活動においては、新聞や雑誌、テレビ、ラジオ、webなどで、掲載してもらえる
スペースを買い、自分たちが発信したい情報を紹介していく事です。

PR会社は何をやっているところなの?

自分も広報活動をしてみたい!、メディアに自社の情報を発信したい!と考えているのであれば、PR会社に依頼するといいでしょう。PR会社は、どうすれば宣伝効果のある媒体に取り上げてもらえるか、そのノウハウを知っています。自社にPR部門などがない場合には、PR会社に依頼をかけるケースが一般的です。広報(PR)は、記者や編集者などのメディアに対し、情報発信する活動の事で、コストもほとんどかかりません。
その変わり、メディア側は、記事を掲載する価値が本当にあるかどうか、慎重にジャッジしていきます。だからこそ、企業側は、自社の強みやアピールポイントを、うまく紹介していかなければならないのです。ただ単に、自社のサービスや製品の特徴を述べているだけでは、なかなか取り上げてもらえません。

PR会社の役目とは?

PR会社は、会社とメディアの間を取り持つ役割があります。信頼関係を構築する事も重要ですしい、「掲載したい!」と思ってもらえるような自社アピールをしていく事も重要です。PRにもコツがあるので、うまく自社のサービス・製品についてアピールできる能力が必要とされます。メディアが関心を持つような広報活動をしていくといいでしょう。

1.メディアリストを作っておこう!

活動を始めるにあたっては、最初に「メディアリスト」というものが必要です。メディアリストはとは、担当者の氏名や連絡先を記載したリストです。メディアに電話をしていき、情報を収集してリストにするだけなので、比較的簡単な作業です。

2.基本型(プレスリリース)を作成しておく

プレスリリースとは、記事にしやすいように、あらかじめ内容を分かりやすくまとめておく必要があります。

書き方は、新聞記事をまねてみるといいでしょう。全部5W1Hを書く事が大事です。かれ主観的な表現は入れず、全て客観的に書くようにします。

3.メディアのランクづけも大切!

たくさんの業界が存在していますが、その業界ごとに、専門メディアがあるので、そのメディアのランク分けをあらかじめ行っておくと、より効率的です。

分け方は、大手メディアが気にかけている専門メディア、影響力のあるメディア、その他のメディアなどという分け方がおすすめです。

この中で、どのようなメディアに広報活動していけば、大きな反響が得られそうか、注目してもらえそうか分析していきます。

予算も考慮しながら、最も効果が高そうなメディアに売り込んでいけるといいでしょう!

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。