PRの意味って? 広報担当者が押さえておくべきポイントを紹介

PR意味

この記事では、何のためにPR活動を行うのか、その目的や意味について記載しています。

多くの企業が、自社のサービスや商品について、PR活動を行っています。ここでは、PRとは何か、それを行う目的は何か、2つのポイントにしぼって記載しています。PR活動はいったい何のためにするのか?という疑問をお持ちの方は、ぜひご参考にしてみてください。

1. 英語で「広報」を意味する「Public Relations(パブリックリレーションズ)

PRという言葉の本来の意味や定義をご存じでしょうか? PRとは英語の「パブリックリレーションズ(Public Relations)」の略語で、PublicとRelationの複数形であるRelationsという2つの単語の組みあわさった言葉です。

詳しくは英和辞典などの辞書をご覧いただくとわかりますが、Publicは「大衆の、公共の、公衆の」、Relationは「関係、交渉」という意味を持つ単語です。すなわち「社会(公衆)との関係」といった意味合いから、「広報、宣伝活動、渉外(事務)、ピーアール、(企業などの)対社会関係、世間に対する受け(引用:Weblio専門用語対訳辞書)」という意味で使われているのです。

そして、2012年にアメリカPR協会(PRSA)は現代におけるPRの定義を「パブリックリレーションズとは、組織と組織をとりまくパブリックの間の、相互に利益のある関係を築く戦略的コミュニケーションのプロセスである。」と発表しました。PRのターゲットは“パブリック”であり、この定義で“ステークホルダー(利害保持者)”という言葉を使用しないのは、それを使用することで、PR活動を行うのが企業(特に上場企業)と限定されるためとしています。つまり、利害関係の有無に係わらず、広い意味での社会、大衆との良好な関係構築のためのプロセスが「P R」ということになります。

2.情報を広く伝達する役割

日本では、PRの同義語として「広報」という言葉が用いられています。「広報」とは文字どおり「広く報ずる」つまり、社会に対して広く知らせる活動という意味であり、企業や団体などの組織が、社会(公衆)との関係を構築していく目的でさまざまな情報を広く報じる活動を指します。

どちらかと言うと一方的な情報発信である広報活動に対し、PRは「戦略的コミュニケーションのプロセス」であり、「双方向コミュニケーションによる社会との良い関係づくり」と定義されます。差異はありますが、いずれにおいても組織の存在価値(社会・経済への貢献度など)を社会に理解してもらい、共感を得るために、事業の活動や方針などの情報を広く社会に伝えることが、その役割と言えます。

そして、情報発信に留まらず、同時に社会の声を広く聞き、自社の社会における認知度やイメージを認識し、社会のニーズや意識に対応していくことが求められます。

3.自己PRもPRのひとつの形

ほとんどの方が、就職活動や自己紹介の中で自己PRをした経験をお持ちだと思います。ご存じの通り、自己PRとは、主に就職や転職活動の面接の際に、企業に対して“自分の長所”をアピールすることです。自分がその企業に貢献できる人材であると印象づけることがポイントになります。

アピールできる特技や長所がないと悩む方もいらっしゃいますが、どんな方にも長所はあるはずです。自己PRで大切なのは、特技や資格に限定せず、自身の性格や過去の経験、そこから自分が得たことなどを整理し、その会社の仕事でどのように活かせるかを関連づけて話すことです。

一方的な自己アピールに終始するのではなく、自分がその企業に貢献できる(=良い関係をつくれる)という根拠を示すことが自己PRであると考えれば、自己PRもPRのひとつの形であると言えるでしょう。

広報部のお仕事に興味を持つ方も多いでしょう。広報部の仕事内容は、商品やサービスのPR活動を中心に、PRイベントなども含め、多岐に渡っています。企業における、色々な活動の重要な役割を持っているため、外注するのも選択肢の一つとしてありますし、自社でシステムを新たに作りだすのも、長期的に見ればおすすめです!

1.マスコミに働きかける!

やはりマスコミは、大きな影響力を持っています。PR活動においては、基本的に、マスコミを通して情報提供していくケースがほとんどです。広報の役割は、従来、宣伝や広告に依存していた時もありました。その名残という事もあり、マスコミは一番宣伝効果のある媒体です。この影響力に注目しないPR部門はないでしょうか。

最近は、インターネットで直接顧客にアプローチする方法も一般的になってきています。しかし、マスメディアはそれでもいまだネットに負けない影響力を持っているのです!そのため、PR活動においては、テレビやラジオ、雑誌などメディアへのアプローチが、PR活動において大きな役割だと言えるでしょう!

2.利害関係者と良好な関係をキープする!

経営していく上で、経済活動は必要不可欠です。経済的に成立していなければ、会社を存族させる事はできません。そのためにもしっかりとした活動が必要になります。
しっかりするためには、顧客や取引先と、良好な関係を構築していく事も重要です。

また、社員や従業員も、会社にとって重要な資源となりますので、おろそかにできません。勿論、 商品を買ってくれる消費者も「人」にあたるので、良好な関係が必要になります。手続き関係で、許可をとりに行く市役所など、法律を扱う行政機関も「人」にあたるため、関係性を重視しなければなりません。

企業経営にとって、関係性は非常に重要です。信頼関係を築き上げ、自社の存在や製品、サービスについて認知してもらう情報伝達が、経営上、重要な広報活動です。

いかがでしたか?

PRの意味や目的について分かっていただけましたでしょうか。PRは、ただ自社の特徴をアピールしていくだけでなく、マスメディア、その他関わりある人と、信頼関係を構築
していく事が、大変重要だという事です。良好な関係を築き上げるのも、企業のPR活動において重要という点を覚えておきましょう!

また、PR活動においては、影響力のあるメディアにアプローチしていく事もコツの一つだという事を、抑えておきましょうね。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。