インパクトは半端じゃない!日本最大級の大型ビジョン3選

0325_1

信号待ちや待ち合わせなどのちょっとした時間に、何気なく見てしまう「大型ビジョン」の映像。巨大迫力があるからこそ、インパクトは絶大です。東京での「大型ビジョン」の設置数は、ビルや人口に比例して圧倒的な割合を占めています。

全国的に知名度・注目度の高い「大型ビジョン」を3つ挙げてみました。名前がわからなくても、ビジュアルを見ればすぐわかるでしょう。

アルタビジョン新宿(新宿)

新宿駅は、1日の乗降者数が日本一ばかりか、世界一としてギネスにも認定されています。JR新宿東口前に建つアルタビジョン新宿は、日本初の街頭「大型ビジョン」として昔から新宿の待ち合わせにも利用され、周辺の通行者数は、平均で20万人以上、休日には23万人以上といわれています。

画面サイズ:縦7.42m×横13.06m 
放映料一例(種類で異なる):CM放映15秒×4回/H(56回/日)、7日間120万円、14日間240万円、30日間360万円、6ヵ月1,700万円、年間3,000万円/年
(Studio ALTA HPデータより)

Q’S EYE(渋谷)

渋谷スクランブル交差点真ん前。信号待ちで必ず目にしてしまう場所です。周辺の通行者数は、平均で30万人以上、休日には40万人以上といわれ、海外旅行者の目にも留まる注目度の高い場所になっています。メイン・バナー画面での壁面全体画面は圧巻です。

画面サイズ:縦22.38m×横19m
放映料一例(種類で異なる):メイン2面を使用したスポット放映30秒/H、7日間75万円、14日間138万円、30日間195万円、6ヵ月1,005万円
(tokyu-ooh HPデータより)

DHC Channel SHIBUYA (旧 Mighty Vision SHIBUYA)(渋谷)

渋谷ハチ公前広場にある渋谷センター街の入口(Q’sEYEの正面左側)に1995年からある、渋谷では老舗の「大型ビジョン」。「Mighty Vision SHIBUYA」から「DHC Channel SHIBUYA」と名称変更されていますが、1週間で300万人以上が見るという注目度は変わっていません。

画面サイズ:5.60m×9.92m 
放映料一例(種類で異なる):CMや一般情報15秒×4回/H (15回/日)、7日間78.4万円、14日間130.9万円、30日間616.2万円、6ヵ月1,140万円、年間1,900万円/年
(毎日広告社 HPデータより)

0325_2

特に、渋谷には代表されるQ’S EYE、DHC Channel SHIBUYAの他にも、並びに2面の「大型ビジョン」があり、 “大型ビジョン4面同時放映”という「渋谷ジャック」とも称される使い方があります。話題性や口コミでのインパクトは何倍にもなりますが、それなりに費用が高くなることが悩みともなるでしょう。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。