広告ではオリンピック関連の表現が使えない?実際に違反となる表現とは?

オリンピック 広告

2020年に開催が決定している東京オリンピック・パラリンピック。じわじわ盛り上がってきました。

しかし、このオリンピックに関する言葉やイメージを商業広告で謳うことは、オリンピックについての知的財産権の侵害に当たります。あからさまに「オリンピック」と記載しなくとも、それを匂わせる表現すべてが違反となる可能性が高いといわれています。広告を日々制作している私たちにとって、非常に重要なことです。ぜひ確認しておきましょう。

オリンピックは、国際オリンピック委員会(IOC)が定める「オリンピック憲章」に基づいて行われています。このうち、日本国内においては、日本オリンピック委員会(JOC)が、オリンピックに関する知的財産を管理しています。五輪マークやマスコット、「がんばれ!ニッポン!」などのスローガンなど、すべてについて知的財産権が発生しているんですよ。唯一、スポンサー企業だけは、各契約に基づいて、使用が許されています。

なぜこのようにオリンピックに関する表現が厳しく規制されているのでしょうか。それはやはり、オリンピックという国際的に盛り上がるビッグイベントは、それだけで人々の心を動かすからでしょう。あちこちで使用されれば、当然、スポンサー企業の収益が下がります。このような便乗広告を避けるために防止策を強く講じているのです。

では、具体的にはどのような表現が違反となるのでしょうか。違反となる可能性の高い表現を7つご紹介します。

1.例1 「五輪」「Olympic」五輪マーク

「オリンピック」とカタカナ表記だけが違反となるわけではありません。 「五輪」「Olympic」などももちろんNGですし、文字がなくても、五輪マークだけの表示もNGです。

2.例2 「がんばれ!ニッポン!」

「がんばれ!ニッポン!」は、日本におけるオリンピックのスローガンです。これも違反になります。

3.例3 「東京オリンピック・パラリンピックを応援しています。」

オリンピックという文字が入っているため、当然NGですが、応援しているだけなら良いのでは?と思われがちです。しかし、これも違反になる可能性が高いとされています。明らかにオリンピックに便乗していることがわかるためですね。

4.例4 「祝2020年開催」

これだけでも違反となる可能性があります。具体名を出さなくても、2020年に開催を祝うものといったら、ほとんどの人がオリンピックを想起するためです。

5.例5 聖火台、メダルなどのデザイン

五輪マークだけでなく、聖火台やメダルもオリンピックのシンボル的存在。違反となる可能性が高いので注意が必要です。

6.例6 「オリンピック開催記念セール」

セールやキャンペーンを行う際には、十分気を付けたいことです。何も知らずに、オリンピックが開催されるのはおめでたいことだと思い、このようなセールを開催してしまう場合があるかもしれません。よく注意しましょう。

7.例7 「2020円均一!」

「2020」というワードだけでもNGの可能性が高いとされています。法の穴をくぐりぬけるような表現も避けるようにしましょう。

オリンピックやパラリンピックに関する知的財産は、日本の「商標法」「不正競争防止法」「著作権法」によって保護されています。商標法侵害や不正競争防止法の違反などでは、次のような刑事罰が科されます。

○商標権侵害…10年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金、もしくは両方が科される
○商標権を侵害するとみなされる行為を行った場合…5年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金、もしくは両方が科される
○不正競争防止法の違反…5年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金、もしくは両方が科される
○著作権侵害…10年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金、もしくは両方が科される

オリンピックの知的財産を侵害することは、非常に大きな刑罰が下ります。気づかないうちに、うっかり表現を使ってしまわないよう、十分注意しましょう。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。