移動する車に広告を掲載!車体広告3選

車広告

この記事では、車体に広告を掲載して、宣伝する方法について記載しています。

道路を走る乗り物は、歩行者なら自然と目に入ってきますよね。そんな街中を走るトラックやバス、タクシーや電車を活用して、広告宣伝をしようという傾向が強くなってきました。車体に宣伝したい広告を大々的に載せ、街中を走行してもらうだけで、宣伝効果が着実に現れるのです!時には音楽も使いながら、宣伝効果を狙います。

夜でもライトアップできるので、かなりの宣伝可能になりますよね。24時間いつでも人目にさらす事ができるという点も、大きなメリットです!

車体広告を使って、街行く歩行者にインパクトを与え、商品やサービスをアピールする事ができます。車体広告の例には、アドトラック、ラッピングバス、ラッピングタクシーなどがあります。

今回は、このような移動式PR活動には、どのような方法があるのか、その方法についてご紹介していきます。

1.超ビッグ!「4トンスーパーロング」アドトラック

4トンの大型トラックを使用した広告宣伝です。日本製LEDを贅沢に使っているため、明るさが違います!他のライトとは差がつきます。夜でも人目につきやすく、インパクトが出せるのが魅力です。

この超ビッグトラックは、国内宣伝車体最大級のサイズです。 印象深い広告宣伝ができそうですね!

2.華やかでかわいらしい「内照式アドワーゲン」アドトラック

ひと昔前から、ワーゲントラックを配達車に利用しているお店はありましたが、現在は広告宣伝用に使用されている内照式アドワーゲンが主流です。

しかもこれは、特に路地裏で大活躍!大型トラックとは違う魅力があり、広告プロモーションを促進してくれます!可愛くて華やかで、好印象です。日本でも比較的トラック台数が少ないため、ひときわ目立ちます!だからこそ広告効果大なのです!とても貴重なアドトラックですね。

3.もっとはっきり見たい心理を刺激する「スケルトン」アドトラック

トラックの中のディスプレイを見せながら走行するため、いったい何…!?と気になって仕方なくなってしまうアドトラックです。

このような心理的アプローチをうまく利用したプロモーションです。

一瞬では、何の広告宣伝かまるで分からない事もしばしばですが、それがこのアドトラックのいいところ!これを逆手にとり、気になる気持ちを煽り、アピールしていく作戦です。停車地点では、実際に中に入れる場合もあります。

その他、輸入車でなどを活用したアドトラックもあります。数少ないこのようなアドトラックは、宣伝する側にとっては、大きなメリットです。

比較的小さなインパクト、ビッグなインパクト、それぞれ、宣伝したい内容に合わせてアドトラックのサイズや種類をチョイスしていく事によって、さらに効果的な結果となります!このアドトラックをいつでも使っていれば大丈夫!という選択肢はなく、予算内で、どれだけ効果的な宣伝活動ができるかといった事を考えるのが、重要な課題となります!トラック業者とも、十分な相談をしていきましょう!

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。