広告宣伝費とは?日本の広告宣伝費上位10社を紹介

広告宣伝費

この記事では、広告宣伝費用について記載しています。日本の広告宣伝費10社も紹介しているので、比較する場合にも役立ててみてください。

広告宣伝費用はいくらぐらいなのか、見当はつきますか?広告宣伝費用は、会社によっても異なりますし、どんな広告物をどこで掲載するかによっても変わってきます。広告費用の考え方はどのようなものなのでしょうか?また、日本で一番広告費用がかかる会社はどこなのでしょうか?早速見ていきましょう。

広告宣伝費用とは?

広告宣伝費用とは、製品やサービスを、広く世の中に売り込むための宣伝にかかる費用の事を指しています。

販売戦略には、広告宣伝がかなり大きな影響を及ぼします。やっているのとやっていないのとでは、やはり効果が変わってきます。しかしお金がかかるのも事実です。いかにコストを抑え、うまく宣伝して効果を出していくかという事は、どの会社にとっても課題であるでしょう。

広告宣伝費の具体例

広告宣伝費ように含まれるものの例としては、テレビや新聞などの広告費、カタログやチラシ、ポスターなどの製作費用、社名入りカレンダーや手帳です。

試供品やサンプル、キャンペーン費用なども挙げられます。

広告宣伝費の仕訳例

新商品宣伝のために、パンフレットを作成した場合の広告告宣伝費は200,000円という例があります。

不特定多数相手にかかった費用は広告宣伝費

広告宣伝にかかった費用が、もしも不特定多数の者を対象とした費用であれば、本来交際費であっても、広告宣伝費とする事が可能です。

特定の相手にかかる費用はNG

反対に、対象が得意先や仕入先など、特定の相手にかかった費用の場合、基本的には交際費扱いとなり、広告費用にはできません。

広告宣伝費効果を見越して支出したものは広告宣伝費

カレンダーや手帳、扇子など、少額の広告宣伝用物品を贈呈するためにかかった費用は、主として広告宣伝的効果を期待して支出されるものなので、交際費でなく、広告宣伝費となります。

売上と直接関係なかったらNG!

お得意先などを、新製品の展示会に招待する費用は、売上と直接関係する費用なので、広告宣伝費として計上できます。旅行など、レジャーに招待する費用は、売上と直接関係しない費用なので、交際費扱いです。

広告宣伝費と他の出費の区別が難しい!

このように、広告宣伝費は交際費と混同しやすくなっています。その他にも、寄付金や固定資産、繰延資産もあるので、広告宣伝費との分け方が難しく、確認が必要な場合もあるので気を付けましょう!

10位:日本電信電話

9位:サントリーホールディングス

8位:武田薬品工業

7位:マツダ

6位:ブリヂストン

5位:セブン&アイ・ホールディングス

4位:イオン

3位:日産自動車

2位:トヨタ自動車

1位:ソニー

参考URL:http://www.advertimes.com/20141010/article172312/

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。