広告会社はどんな仕事をしているの?その仕組みについて

広告会社

この記事では、広告業界特有の仕事内容について記載しています。広告業界の仕組みについて理解する事ができるでしょう。

広告会社と一口にいっても、その会社の中で、色々な部門やポジションが存在しており、役割が豊富にあります。これから広告業界で就職したいと考えている方がいましたら、自分は広告会社の中で、どんな役割を果たしたいのか考えてみるといいでしょう。

広告業界といっても、その中には様々な職種があり、多種多様です。広告業界に就職するといっても、自分がその中でどのようなポジションにつくかによっても、働き方や仕事内容が異なってきます。ここでは、広告業界に必要な役割・職にはどのようなものがあるか、ご紹介していきます。以下、ご参考にしてください。

・クリエイティブ

クリエイティブとは、サービス開発をしていく役目のお仕事です。実際にCMや各種広告、ポスターなどを作成していきます。メディアでは、広告主の商品やサービスを、どんな広告媒体(テレビなのかネットなのか雑誌なのか)で展開していくか、枠の選択などを手掛けていきます。
プロモーション活動においては、POPやイベントプラン企画、実行などしていきます。

・マーケティング

マーケティングとは、サービスのサポート支援をしていく職種です。広告主から依頼された商品やサービスに対し、ターゲットとなる市場を分析し、現状把握と問題提起を行っていきます。

・営業

広告主に対し、効果的な広告の提案や広告業をしていきます。広告主と信頼関係を築くためにも、円滑なコミュニケーション能力はマストになります。

・経営企画

経営戦略や事業戦略の企画・提案・実行、経営資源の配分などを手掛けます。企業経営の中心的役割です。

・総務

会社経営に付随する、色々な雑務を行っていきます。

・人事

採用方針をたて、新卒や中途採用の採用を行っていきます。

・財務

会社の経理業務を担当します。資産運用や調達など行っていきます。

物やサービスが売れるような仕組み作りをする事

広告業界は、クライアントから希望を聞き、物やサービスが売れるような仕掛け作りをしていきます。新しい製品を世の中に送り出すためにも、マーケティング戦略をたて、広告を発信していく事が必要不可欠となります。

そのため、クライアントからの依頼をそのまま広告として提示するだけでなく、期待以上の結果を出せるよう努めていくと、さらに完成度も高くなり、クライアントにも、大満足してもらえます。

場合によっては、新製品の企画や開発にも携わり、販売までの全過程をサポートする事により、売れる商品作りについての提案や、販売法、ターゲット研究や分析、注目される広告作りなど、広告業界の仕事は広範囲です。

広告業界の醍醐味とはコレだ!

広告業界に関心を持つ方は多く、就職先としても人気の高い業界です。広告業界では、時代のニーズを素早くとらえ、人の興味をひくような、精度の高い広告作成する事によって、経済を活性化させる事ができます。キャッチコピーの知名度が高まれば、その広告によって、時代の潮流を作り上げていく事も可能です。つまり、それだけ世の中に大きな影響力を与えられるお仕事というわけです!

流行りに敏感な人にとっても、面白い業界かもしれませんね。自分が関わったプロジェクトが大成功した時は、とても喜びが大きく、やりがいを感じられるでしょう。

その時代に合ったブームを企画する事もできるため、独創性や発想力豊かな方にも、向いている業界だと言えるでしょう。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。