広告代理店とは?その種類と特徴について

広告代理店とは

この記事では、広告代理店の種類と特徴について記載しています。

広告代理店と一口にいっても、種類は一種類だけではありません。それぞれの特徴についてしっかり知る事により、広告内容によって代理店をうまく使い分ける事ができます。

広告代理店には、専門、総合、ハウスエージェンシーの3種類ある?

一口に広告代理店といっても、3種類あるのはご存知でしたか?広告代理店は、
・専門広告代理店
・総合広告代理店
・ハウスエージェンシー
の3種類に分けられます。

それでは早速、各代理店の特徴を見ていきましょう。

専門広告代理店とは…

新聞広告専門など、何かに特化して広告代理を行っており、特定のメディアを扱っているのが特徴です。特定のメディアなので、幅広いニーズには答えられませんが、その分、専門的な対応ができ、より深いサービスを提供してくれます。
広告メディアの種類によっては、特定エリアに根づいた代理店も多いです。最近では、特定の広告ジャンルにしぼった専門代理店も、数多く登場してきています。よりコアな広告宣伝を考えるのであれば、このような専門代理店に依頼するといいでしょう。

総合広告代理店とは…

ここでは、基本的に全ての広告媒体を取り扱っています。そのため、ジャンルに関係なく、依頼する事が可能です。色々な広告に対応してくれるでしょう。企画から制作まで、総合的に手掛けてくれるので、3つの中で一番メジャーなタイプです。

ハウスエージェンシーとは…

特定企業のための広告を手掛ける子会社などが、ハウスエージェンシーにあたります。あまり聞き慣れない方も多いでしょう。場合によっては、基本的にはハウスエージェンシーでありながら、業種の違う他社の広告を受け持つケースもあります。

総合広告代理店か専門広告代理店に依頼する事が多い

ハウスエージェンシーは、特定企業の広告しか扱わないため、一般企業やお店が、「自社の広告を掲載してもらいたい!」と思い立った時、まず依頼するのは、主に総合広告代理店か専門広告代理店になるでしょう。ここでは、それぞれのメリットやデメリットもご紹介していくので、選ぶ時のポイントが分かるでしょう。

専門広告代理店の特徴

【メリット】
・コストが比較的安い
・宣伝部が広告戦略を立てている会社におすすめ 
・メディア側の広告がお得意!

【デメリット】
・特定のメディア枠から離れられず、メディアミックス型広告に向かない

完全にメディア側についた広告代理店です。ちょうどそのスペースに広告を出したい!と考えていた場合には、総合広告代理店に頼むより、こちらに依頼した方が、はるかにコスパが良いです。

自社に宣伝部があり、そこで広告戦略を提案しているような会社であれば、このような広告代理店と仲良くしておくのも、いつか役立つ日がくるでしょう。ただし、特定メディアだけを扱っている以上、広告プロモーションの企画運営を任せたり、いくつかのメディアを連動させるメディアミックスのような広告を出したい時には、不向きです。

総合広告代理店の特徴

【メリット】
・クライアントの希望に応じたより良いサービスができる
・ノウハウがある
・メディアミックスもOK!
・広告戦略についてアドバイス!

【デメリット】
・メディア寄り

あらゆるメディアを扱っているという事もあり、より依頼主のご要望に沿った広告作成が可能です。これまで数々の幅広い広告を取り扱ってきたため、実績も高いですし、このような商品やサービスの場合には、どんな広告戦略がいいのかというノウハウを身に付けています。だから安心して依頼できるでしょう。

さらに、依頼主の希望に沿うだけでなく、一連の広告戦略について、アドバイスする事も可能です!専門広告代理店ではできないメディアミクスや、プロモーション企画についてもお任せできるでしょう。

大手広告代理店なら、ゴールデンタイムを抑えるなど、多少メディア寄りの代理店になりますが、広告代理人としては、最も効果的な広告を企画・立案してくれる代理店だと言えます。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。