広報とはどんな仕事なのか?PRとは違う?

広報とは

この記事では、広報とPRの仕事についてご説明しています。この二つの定義や仕事について、しっかり区別できるようにしましょう。

広報とPRは、同じような意味に聞こえますが、全く同じ意味なのでしょうか?それとも厳密には違うものなのでしょうか?この機会に学んでおきましょう。

コミュニケーションが大事!

広報とは、英語でパブリックリレーションズと言い、企業が一般公衆との間に入り、良好な信頼関係を作っていくための活動をしていくものです。
広報活動を進めていくには、相手との良好なコミュニケーションが必要不可欠です。

相手によってニーズは違う!

広報活動は、相手によってアプローチ方法も異なってきます。普段、私たちは何気なく、物事を相手に伝えていますが、広報活動においては、ただ伝えるだけでなく、相手によって、伝え方を工夫していかなければなりません。
相手によって、何を望んでいるのかというニーズや価値観も違っています。どのようなキャッチコピーで、どのようなデザインの広告で、どんな働きかけをしたらいいのかというのは、相手によって違ってきます。そのためにも、相手のニーズをあらかじめしっかりリサーチしていく事も大事で、これも広報活動の一部となります。

広報の仕事は、幅広く多岐も渡っています。

・商品・サービス・会社の紹介
・地域団体に向けた地域活動
・外国に向けた活動
・マスコミへのニュース提供
・メディアからの取材・撮影
・寄付や協賛
・セミナー・シンポジウム
・工場見学会
・社内報・会社案内誌などの企画
・映画などの企画制作
・プレスリリース作成
・スピーチ原稿作成
・資産家・投資家に向けた活動

会社には、広報活動とか、PR活動とかいうのがありますが、これはどちらも同じ内容なのでしょうか?それとも違うのでしょうか?

確かにこの二つは似ていますが、PR活動の方が、どちらかというと「広報宣伝」に近い意味合いがあります。しかし、ほぼ同じ意味に捉えていいでしょう。

日本語で「広報」とは、会社のニュース・情報告知という意味合いが強いです。
広報の定義はもともと、施策や業務内容などを、公に周知・告知させる事ですが、分かりやすくまとめると、広報とは、以下のようになります。

・商業上のも目的達成のため、商品・サービスなどの情報を、積極的に世間に宣伝する。(そのための文章や放送なども含む)
・世間一般に広く知らせたり、告げること

広報に対し、PRの意味は、広告や宣伝の意味があります。企業などが、自社の理想とするイメージや業務内容、主義や方針などについて、多くの人に告知し、理解や協力、さらに知名度や認知度を高めるための活動です。

いかがでしたか?広報について大事な事や、活動内容についてご説明してきました。

広報の仕事内容を見てもらえばお分かりの通り、かなり多岐に渡る業務があります。広報活動と一言にいっても、色々なやり方や活動方法がある事、そしてそれらの活動を結果に結びつけるには、宣伝する相手のニーズをうまくつかみ、アプローチしていく事が大切です。さらに、企画の段階も非常に重要です。

優れた企画を提案し、実行に移していく事が、広報活動の成功にもつながるでしょう。また、PR活動を通して、自社の知名度を上げたり、イメージアップにもつながるので、企業の評判を良くするためにも、PR活動は欠かせません!効果的な活動をしていくためにも、宣伝内容、宣伝する相手を考慮した上で、ベストな戦略を考えていけるかがカギを握ります。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。