ドキっとする、インパクトのある広告を作りたい!

0322

インパクトのある広告

企業なら、こう思うでしょう。「インパクトのある広告を作りたい!」と。どうしたらユーザーの目に留まるか、どうしたらイメージを鮮明に残せるか、どうしたら商品が売れるか、常に悩みは尽きないでしょう。インパクトのある広告は、必ずユーザーの記憶に残るものです。テレビ、雑誌、新聞、電車、街中など、さまざまな場所で広告があふれていますが、その中で覚えてもらうことはとても難しいことになります。広告の作り手であるクリエイターも企業と一緒に悩み、日々知恵を絞って一人でも多くの人の目に留めてもらおうとしているのです。

「広告でインパクトを出すために必要な要素は3つ」

広告を目にした人たちが「おっ!」と固まるような、すごいインパクトが残せたら、企業にとってはどんなに嬉しいことでしょう。それは、広告を作ったクリエイターにとっても同じこと。街中で立ち止まってくれることが何よりの結果なのです。広告でインパクトを出そうと思うと、必要な要素は3つありますので見てみましょう。

No1 キャッチコピー

たったワンフレーズの文字が、脳に響き、心に感動を与えます。書体によってもインパクトの与え方は違ってきますから、どの文字の形を選ぶかでもワンフレーズの響きはまったく異なるものに変化するのです。

No2 ビジュアル

文字はなくても伝わる世界観。文字と一緒に伝わる世界観。どちらも広告の世界に引き込んでくれる立派な役割を果たしているのです。アートであってアートでない。芸術とは違う広告のインパクトを残すのです。

No3 環境

広告に出会う場所、目に留まる時間、出会う回数、これらによってもインパクトは左右されます。ターゲットが出会うべき場所で出会い、見たくなって時間を使い、一人が何回でも目に触れることを計算しているのです。

視覚と記憶。刻まれて消えない広告が誰にでもある

過去の自分、今の自分。どの時間にいた自分でも目や耳に残った広告は必ずあるでしょう。例えばCMで感心するのは、何十年と流れているマルちゃんのカップ麺のフレーズ「あーかいキツネとみどりのタ・ヌ・キ」。見事に色のついた商品名だけを音楽に乗せています。知らず知らずのうちに、スーパーで商品に手が伸びていませんか。

1回のCMは一瞬ですが、何回も聞いたり、見たりすることによって、広告イメージは深く入り込んでいくのです。広告は、インパクトを与える時期から熟成時期に入っていく、不思議な力を持っています。インパクトを与える3つの要素が揃ったアドトラックでの広告も同じで、いつも街中で走行することによって、CMにも負けないインパクトと熟成時期を作り上げることが可能なのです。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。