消費者のツボを見つけろ!コンシューマーインサイトを発見する3つの方法

コンシューマーインサイト

広告を制作・出稿するときに欠かせないのが消費者への理解。もちろん、昔からさまざまな分析はされてきたものの、今は昔とは異なり、各企業は消費者の深層心理をよりアプローチするようになってきています。

そこで重要視されているのが、「コンシューマーインサイト」です。そんな、「広告効果のカギ」とされるコンシューマーインサイトの発見方法を、3つほどご紹介します。

コンシューマーインサイトとは、「消費者の本音」のことです。消費者が商品の購入に至るまでに持つ、理由や思いのことですね。

別の言い方をすれば、消費者が意識すらしていない商品やブランドに対する心理です。この「意識すらしていない」というのが重要なポイントになっています。例えば、消費者が「おいしそうだから」と思って買ったコーヒーも、その深層心理では「おいしそう」以外の、もっと深い「ビターで大人のイメージがあり、自分の好みに合っていた」などの心理があるはずです。そうした表面的なものではない、「洞察=インサイト」によって得られる消費者の本音が、コンシューマーインサイトというわけですね。

コンシューマーインサイトは通常、市場調査及び分析、社会の動向のほか、アンケート調査やネット上の書き込みやクレーム、座談会などによって把握します。正確なコンシューマーインサイトを発見することができれば、広告やマーケティングに活用し、効果を上げることができます。コンシューマーインサイトはまさに「消費者のツボ」。

このコンシューマーインサイトを発見するには、例えば次の3つの方法があります。

1.コラージュ法

コラージュ法とは、ブランドや商品に対するイメージを知るために、消費者を複数集めて、雑誌の切り抜き写真などをコラージュしてもらう方法です。

消費者には「なぜその写真を選んだのですか?」と聞き、コンシューマーインサイトを探ります。そして、コラージュの結果ももちろん、洞察の材料になります。写真や絵を利用して、消費者が持つイメージや心理を、消費者が意識しないところからも引き出します。

2.エスノグラフィック法

エスノグラフィック法とは、ターゲットとなる消費者の地域における生活を密着して追い、行動・シーンの情報収集を通してコンシューマーインサイトを把握する手法です。エスノグラフィックとは、「民族誌学的な」という意味ですね。

実生活の中で自社商品がどのように意識され、ブランドはどのような存在なのかを探ります。

3.ビジュアル刺激法

ビジュアル刺激法は、コラージュ法と同じく写真を使用する方法です。ただし、消費者に何かを作ってもらうのではなく、写真を選んでもらいます。

ピックアップされた写真を元に、それを選んだ理由などを尋ねることで、無意識レベルの深層心理を探ります。インターネットリサーチのほか、「デプスインタビュー」という消費者に一対一で尋ねる手法で行われます。

消費者に刺さるツボになるものを見つけられれば、広告効果を上げることも夢ではありません。奥の深いコンシューマーインサイトを、これらの方法で収集してみましょう。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。