AISASとは?プロモーションやマーケティングに欠かせないAISAS

AISAS

この記事では、AISASの意味について記載しています。プロモーション活動やマーケティングにおいて必要なとなるモデルなので、これらの携わっている方は、しっかり理解しておきましょう。

AISASという言葉を聞いた事はありますか?これは、プロモーションやマーケティイングにおいては、欠かせない用語です。聞き慣れない方のためにも、ここではAISASの意味について、わかりやすく解説していきます。

AISASとは、以下の頭文字をとってできた言葉です。ネット普及後、消費者のよる購買活動を示すモデルの事を指しています。

・Attention(注意)
・Interest(関心)
・Search(検索)

3つめの過程として加えられたのが、「Search」です。商品やサービスに関心を持った消費者が、購入前に、検索サービスで情報をリサーチする工程を言います。ネット社会の現代では、多くの人が行う行動です。

・Action(購買)

消費者は、あらかじめネットで製品やサービスについてリサーチした後、実際に店頭へ行き、気に入ればものを購入したり、お金を払ってサービスを利用します。これがActionとなり、企業側は、いかに消費者のActionにつながるような戦略をたてていくかが重要になります。それによって売り上げが大きく左右するからです。

・Share(情報共有)

ブログやSNS、口コミなどで、商品やサービスを実際に利用してみた感想など、情報投稿や共有する過程を言います。ものを購入あるいはサービス利用後は、ネットを使えば、感想を不特定多数の人にも、伝えやすくなっています。ここで良い評価が得られれば、それを読んだ人も利用してくれる可能性も高まり、見込み客が一気に増えます。ここでどれだけ良い評判を伝えてもらえるかという事が、企業にとっても注目ポイントであります。そのためにも、より良いサービスや商品を提供していかなければならないのです。

現代では、ネットがかなり幅広く普及していますよね。

だから消費者は、製品を買う前に、自分で検索サービスを使って情報を調べる事ができるようになってきました。この現代の傾向に合わせて生み出されたのが、AISASというモデルなのです。AISASがなければ、企業側は、消費者の心理・行動過程を、自由にコントロールする事は、なかなか難しくなります。

ネット普及以降の消費行動の特徴は、購入前にSearchし、購入後にShareするという二つです。これは、ネット普及前には見られない特徴でした。

現代では、消費者の購買アクションには、ネット上の情報や、消費者による口コミが大きく影響しています。インターネット普及後の広告・宣伝やマーケティング活動において、AISASの各プロセスにあてはめ、検討していくといいでしょう!

AISASには、ネット時代における特徴がうまく反映されています。しかし、だからといって、製品を購入する見込み客の行動が、AISASで全て説明つくとは限りません。

例えば、コンビニで売られている飲み物が購入される場合は、個人の好き嫌いが大きく左右されるので、購入前に検索する人は少ないでしょう。この場合、AISASは不要になります。また、AISASでは、ネット上において、自分で検索リサーチする事が大前提です。しかし、ソーシャルメディアが普及している事によって、情報収集はネットに頼らずにも、友人から受動的に伝達される事もあります。このような事からも、AISASでは、完璧に消費者の行動をコントロールできるとは限らないという事が分かります。時代の傾向合わせて、新たなモデルも必要となってくるでしょう!

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。