目を引く広告、7つの理由

目を引く広告

人の目を引きつけ商品やサービスの魅力を伝えることが広告の使命。そのために、広告クリエイターは、インパクトのある写真や心に響くコピーを考え工夫を重ねることで訴求力を高めます。今回は、広告の中でもキャッチコピーに焦点を当て、なぜこんなにも人の目を引くのか、その理由を7つ紹介します。

1.具体的な数字で訴求している

・○○コミック!発行部数250万部
・5万人のお客様が利用しています

具体的な数字は、その情報が事実であることを示します。強みを数字化することで訴求力と信ぴょう性が高まります。

2.限定商品であることをアピールしている

・1日3組のお客様限定
・今月末まで販売
・限定10食!パティシエ自慢のロールケーキ

限定商品であることをアピールするのは効果的。手に入りにくい物ほど、よけいに欲しくなるものですよね。PRの方法に困ったときは、希少性の高さを訴えられないか検討してみましょう。

3.成功例を紹介している

・すでに多くの女性がダイエットに成功しています!
・年収○○円!の私が家を建てた方法

他の人が成功していることを知ると、「もしかしたら自分も上手くいくかも」と思います。でも、やりすぎると逆に怪しくなり、不信感を高めてしまうので注意が必要。

4.常識と反対のことを言っている

・集客したければ広告するな
・甘くないドーナツをつくってみました

一般的な常識と反対のことを言われると気になりますよね。従来の商品やサービスと差別化がつけられる商品である場合は、効果が期待できる手法です。

5.お得感を強調している

・期間限定で○○をプレゼント
・先着30名様のみ10%割引

やはり、価格の安さは訴求力があります。ストレートな手法ですが、商品を安く提供できる、プレゼントを進呈できる場合は、積極的にアピールしましょう。ただし、景品をプレゼントする場合は景品表示法に注意が必要!

6.消費者に問いかけている

・なぜ、あの人の周りに人が集まるのか

疑問形の問いかけには、無意識のうちに答えを探してしまうもの。疑問形は、コピーや書籍のタイトルなどによく使われています。

7.お客様の声を伝えている

・肌のうるおい感が違います
・柔らかさの違いに驚きました

購入者の使用感や喜びの声を伝えることで、商品の良さが客観的に伝わります。

キャッチコピーを考えるときは、長くなりすぎないように注意しましょう。ターゲットにもよりますが、専門用語などはなるべく使わないことで、より多くの人に訴求できます。
今回取り上げた7つの理由を参考にして、ぜひ消費者の心に刺さるようなコピーを考えてみてください。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。