『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ制作が大決定!!

ヤナギです。
とうとうソードアートオンラインも劇場アニメ化です!

04aadfd3

(参照:himazinn.blog.jp)

そもそも『ソードアート・オンライン』とは、川原礫先生が執筆する電撃文庫の小説の事で、これまでにTVアニメ2シリーズや特別篇“Extra Edition”が制作されています。

www.kotaku.jp
(参照:www.kotaku.jp)

ゲームでも-ホロウフラグメント-、-ロスト・ソング-と2シリーズが販売中です。

saohf_02_cs1w1_720x
(参照:dengekionline.com)

さりげなく僕もゲームをもってますYO!いいでしょ!

IMG_1629

sao_11_cs1w1_1280x727

(参照:dengekionline.com)

「これは、ゲームであっても、遊びではない」 ――茅場晶彦

2022年、とある大手電子機器メーカーが「ナーヴギア」という仮想空間への接続機器を開発したことで、世界は遂に完全なるバーチャルリアリティを実現させた。

キリトはこのナーヴギアを使ったVRMMORPG「ソードアート・オンライン」のプレイヤーである。運よくベータテスターに選ばれ正規版も購入したキリトは、ログイン後に出会ったクラインと共に、正規版SAOの世界を満喫するのであった。

しかしそんな感動も束の間、2人はログイン時には確かに可能だったログアウトができないことに気づく。混乱の後、ゲーム開始地点の広場に転送された2人は、ログインした10,000人のプレイヤーと共にゲームマスターから恐るべき託宣を聞かされる。

SAOのゲームデザイナーである茅場晶彦の名を名乗ったその男は、淡々とデスゲームのチュートリアルを開始する。曰く「ログアウトができないのは仕様であり、SAOの舞台『浮遊城アインクラッド』の最上部である第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法である。そしてこのゲームで「死亡」したり、現実世界でナーヴギアを強制的に外したりすれば、そのナーヴギアから高出力マイクロ波を発せられ、脳を破壊されて実際に死ぬことになる」と。

2年後、アインクラッドの最前線は第74層。プレイヤーの数は、6,000人程にまで減っていた。

何とも近未来的な設定で、MMOゲームプレイヤーや仮想現実に夢を持つユーザー層にとってはありえそうな未来を想像させたことは間違いありません。

劇場アニメ制作の発表は、“電撃文庫 秋の祭典2015”で発表されたもので、イベントでは、川原礫先生の書き下ろし完全新作であることや、伊藤智彦氏が監督を、足立慎吾氏がキャラクターデザインを、そしてA-1 Picturesがアニメーション制作を手掛けることが明らかになっています。

『ソードアート・オンライン』劇場アニメの最新情報は、10月10日発売予定の『電撃文庫MAGAZINE Vol.46』に掲載されているとのことなので、是非チェックしてみてくださいね☆

他にも、アニメ『ソードアート・オンライン』(1期、2期、Extra Edition)の劇伴音楽に加えて未収録・未発表楽曲をふくむ全131曲を収録した『ソードアート・オンライン ミュージックコレクション』が2016年1月27日に発売予定です☆

僕もこのアニメにはかなり期待しています♪劇場版は是非映画館で!
マザーズロザリオ!

resize_image

柳町清人(ヤナギ)

この記事を書いた人

株式会社エキゾチックワールド取締役の柳町清人です。社内ではヤナギと呼ばれています。 自分の世界に刺激を与えてくれる面白い体験を探し続けてます!趣味は音楽を聴きながらの読書とゲームです♪ただ、スターオーシャンシリーズ5が出たにも関わらずDTM(音楽)にはまってしまったので今はいったんゲームはお休み中です☆音楽は最高!