『アドトラックチャレンジプロジェクト』とは一体なんなのか?!

どうも、普段ツイッターでアドトラックPR担当と言い切っているヤナギです。

ですが実は、弊社にアドトラックの件でお電話でのお問い合わせ頂くと、代表の白崎が電話に出る確率がかなり高いです(笑)

まあそんな余談はおいておいて、今回の記事は11/28に発表された『アドトラックチャレンジプロジェクト』についていろいろと思いの丈を語っていきましょう!

 

はい、簡単に言うと

「面白いアイディアを考えてご提供して頂けたら、そのアイディアのアドトラックを費用は一切かからず(←重要)走らせますよ!」

という企画なんです。

 

いいですか?
費用が一切掛からない…実はこれ結構すごい事です。

アドトラックという媒体自体、そうそうカンタンにできるものではございません(汗)

 

この記事をご覧になった方でアドトラックを知らない方は明日、12/7(水)12:00以降に渋谷のスクランブル交差点で少し立ち止まって待っていて下さい。

そうですね。最低でも10分…長いと…20分、タイミングが悪いと40分くらい(汗)
とにかく立ち止まって居てください。

そうするとBGMを流しながら荷台に広告面がデザインされた大きなトラックが交差点を横切ると思います。

そう、それが【アドトラック】です。


大きさのイメージとしては高速の観光バスと同じくらいだと思ってもらえるとわかりやすいでしょうか?

これを広告で使う場合、アドトラック業者にもよりますが最低ミニマムが数十万からかかる媒体なんです。
やりたいとなった時は4t車は大体100万位が平均価格ですね。

ですので、アドトラックはとても価値がある媒体なんです!

僕らはアドトラックを使って世の中をさらに楽しくしていきたいという想いがあります!

『今までにない楽しい事をして、使う人や見てくれた人みんなを笑顔にしていきたい』
『そして、アドトラックをどこまで面白くできるか挑戦し続けたい』

これも超カンタンな一言でまとめるとこのイベントを通して「アドトラックを使ってみんなで楽しみたい!」という意図になりますね。

これをテーマに掲げ、過去2回アイディアを募集するイベントを行ってきました!

 

アドトラックはただの広告ではありません。
他の広告媒体と違って広告効果だけではなく、イベント=お祭り事として主催者側もとにかく楽しめる媒体なんですよ。

ちょっと30秒間くらい想像してみてください。
貴方がスカウトされて急遽特番が組まれ、テレビ番組に出演することになりました。放送当日は本人もドキドキわくわく、家族も全員床の間でテレビの前に座り、いつ貴方が登場するのかと楽しみにしている。

そんな状況ってすごく楽しいですよね。

参照先(goo.gl/kiZ6Z1)

これをアドトラックになおすと、
街中を全長11mもある巨大なトラックを使い、荷台の広告面全面に貴方の写真を大きくプリントし、貴方の為だけのPRを毎日行います。走行する場所は渋谷/池袋/新宿/原宿の人が多い場所で、しかも1日9時間走りっぱなし!いつあの渋谷の109の曲がり角から貴方のアドトラックが登場するかドキドキしながら待っている状態です!

ちなみに渋谷のスクランブル交差点は一日約21万人が通っていますからそこだけで毎日走っていたら累計100万人以上の人目に触れることになりますね!

この人数の前をアドトラックが堂々走行します。半端ではない規模感ですよね!

そんなことができるかもしれないってすごくワクワクしませんか?!!

 

当然これは一例ですが、自分が思う個性的なアイディアであればどんなことでも構いません。
誰でも応募できて採用数の上限も定めておりません。
つまり可能性は十二分にあるという状況です!

応募することをためらっている方もいるでしょう。
ですが心配無用!
送られた個人情報についてはプライバシー保護はバッチリと行っております。

 

ですので「さとし!アドトラックチャレンジプロジェクト応募したって本当?!」などと応募したことがばれて急に友達からつっこまれるなんてことはありません(笑)

アイディアを応募するだけですからどなたでも応募OK!
どんどん送って下さい!

大丈夫です!僕も絵は下手です!!

それにイラストレーターなどの専用ソフトが使えなくても弊社イラストレーターがばっちり最高のデザインに完成させます!

なのでアイディアをご提供をお願いします♪(笑)

 

前回も同様のイベントで300以上の案を頂いていますので今回もどれだけご応募頂いても構いません!

一人1案などと決まってもいません。

ですので皆々様、奮ってご応募下さいね!

早速↓のボタンを押してアドトラックプロジェクトの詳細を確認しちゃいましょう!

柳町清人(ヤナギ)

この記事を書いた人

株式会社エキゾチックワールド取締役の柳町清人です。社内ではヤナギと呼ばれています。 自分の世界に刺激を与えてくれる面白い体験を探し続けてます!趣味は音楽を聴きながらの読書とゲームです♪ただ、スターオーシャンシリーズ5が出たにも関わらずDTM(音楽)にはまってしまったので今はいったんゲームはお休み中です☆音楽は最高!