宣伝カーのデザイン制作って誰が担当するの?

021001

どうやって、宣伝カーのあの大きな看板ができる?

宣伝カーの大きな看板。印刷?それとも?誰が、どうやって製作しているのか、どうやって取りつけているのか、疑問に思ったりはしないでしょうか。

実は、宣伝カーのあの大きな広告面は“FFシート”と呼ばれる素材で製作され、“クイックジップ”といわれるもので取り付けられているのです。聞いても、何のこと?ということかもしれませんが、意外にも身近なところで見つけることができます。

それは、デパートやショッピングモールの屋上などにある看板などにも“クイックジップ”が使われているのです。宣伝カーだけのことではなかったのです。

そうだったのか!宣伝カーのデザイン製作

依頼者が宣伝カー業者に発注をいただく際に気になるのはデザインでしょう。持ち込み(完全データで入稿)でも、業者製作でもどちらでも受け付けています。作業は、大型インクジェットを使って“FFシート”と呼ばれる素材や塩ビ光沢フィルム素材に印刷していきます

入稿データの有無から始まるデザイン製作

デザインは、入稿データの有無から始まります。持ち込みがある場合、すぐ印刷可能な状態である完全データでの入稿が間違いない納期のために必要です。業者製作の場合は、一般の広告と同様に、デザイナーとの打ち合わせから入ります。

デザイン印刷には、アメリカからやって来た、“FFシート”が主流

昔は粘着シートの使用でしたが、今ではアメリカで開発された特許製品“KWIK ZIP™”という素材を使用しています。宣伝カーの内側からの照明(内照式)や、外側からの照明(外照式)で光を当てると、とてもキレイに映える素材で、耐久・耐水性もある実用性を兼ね備えていますから、電飾系屋外看板にはうってつけなのです。

広告面を取り付けるための “クイックジップ”

大型トレーラーといったらアメリカ。そんなアメリカから生まれた、簡単な広告取り付けシステムが“クイックジップ”になります。以前は取り付ける手間の割に、外れやすい、破れやすい、落下しやすいというありがたくない欠点がありましたが、“クイックジップ”導入によって解消されました。しかも、ローコストですから、依頼時の選択基準としてもよいでしょう。

予算にプラス、マイナスでその他の素材に印刷も可能

屋外広告に使用されるその他の素材として、印刷シートをアクリル板に貼り付ける電飾用塩ビシート、透明塩ビシート、クリスタル塩ビシート、風に強いメッシュ生地のターポリンなどもあり、アドトラックの種類、予算によって“FFシート”以外でも印刷が可能です。

音も必要なら、音源をCDかDVDで持ち込むか、業者製作となります。最近では、印刷ではなく、LEDビジョンを搭載した広告面もあり、動画とBGMが同時に流せることが特徴になっているため、夕刻から夜間にかけてのPRに、一層のインパクトを与えることができるようになっています。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。