アドトラックの料金見積もりで気をつけたい3つのポイント

020201

全国にある様々な道路を走行しながら宣伝活動をするアドトラック。こうしたアドトラックが広告料金に見合った十分な活躍をするためには、最初から、トラックをはじめとする数々の条件を選ぶ必要があり、それによる料金の違いを知ることが大切になります。

では、アドトラックの広告料金は、いったいいくらかかるのでしょうか。

アドトラックの料金は、基本料金として看板の製作費、ドライバー人件費、燃料費、駐車場費、道路使用許可申請費などは入っていて、後は他の条件次第で料金が上下します。一般的に、希望する期間と時間帯、エリア、トラックの大きさなどによって、依頼人それぞれに料金の違う見積もりが出てきますので、基本料金以外のチェックも必要です。

Point1.設定された最低期間や時間帯で料金は違う

アドトラック各社の最低運行期間は違い、1日からの料金設定もあれば、3日、5日、7日などいろいろ。共通しているのは、1週間や1ヵ月と比べて短いと割高になってしまうことです。夜間利用についても、最近ではLEDが使用されているといっても、夜22時以降だと、深夜料金が別途かかることもあるでしょう。この辺は要チェックです。

Point2.希望するエリアで料金は違う

アドトラック業者が得意とするエリアの違いでも料金の差は出てきます。首都圏エリア専門、首都圏中心に別途地方も対応、始めから全国対応など、エリア対応確認も忘れないようにしましょう。例えば、目的地が変更になっても一都三県エリアなら追加料金は発生しないとか、全国対応の業者なら移動の高速代が不要とかが出てくるからです。

Point3.トラックの選び方で料金は違う

看板、つまりトラックの大きさは、カートや軽クラスのショートサイズから2tや4tのレギュラーサイズや40F級のビッグサイズ、車両タイプもスケルトン構造タイプや側面開口ステージタイプなどがあり、どの種類のトラックを選ぶかでも料金は違います。日数とトラックの種類で、数十万円、数百万円、数千万円と、料金には幅があります。

020202

アドトラック業者のアピールポイントと料金体系を把握しておくには、後でトラブルにならないためにも詳細な見積もりが大事です。

 

何ができて、何ができないのかをはっきり業者に確認し、しっかり調べておきましょう。中には、割引サービスなどの特典がある場合もありますので、業者のHPや比較サイトでのマメなチェックをお勧めします。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。