アドトラックを名古屋で走行させる場合のルートとそのポイント

0326_1

本州の真ん中あたり、東海地区の中心ともいえる名古屋市。ちょうど、関東にも、関西にも属さない独特な文化が花開いている街です。気質的にも、大阪人と東京人の気質を併せ持つような中間的な部分も持ち合わせた地域なのです。名古屋といえは、名古屋城の他にパチンコと中日ドラゴンズが有名でしょう。

実際、街を歩いてもよくわかるほど、この要素は突出しているのです。アドトラックにおいても例外ではなく、中日ドラゴンズとタイアップしているアドトラックがあったり、パチンコ店オープンのアドトラックがあったり、出会う割合は多いかもしれません。

暮らしや食べ物において、名古屋ならではの発信が独特であることは全国に知られていることでしょう。見た目でも大きいものや派手さを好む名古屋ですから、アドトラックもひと際目立っています。比較的新しい広告宣伝方法であるアドトラックの広がりによって、差別化が重要視されるにつれて、どんどん名古屋という個性が加わっていく期待があります。

アドトラック名古屋走行ルートの一例

・名古屋(名駅)エリア走行ルート

名古屋駅の周りを中心として、中心繁華街の栄方面に向かっていく通りを何本かを左右に動きながら回るコースで、桜通り、江川通り、錦通り、広小路通り、大津通り、久屋大通りを走行します。渋滞時などは、大きな通りである桜通りや錦通りを避けた、大通りの中間を走行する場合もあります。

・栄エリア走行ルート

栄の呉服町通り、大津通り、久屋大通りだけを走行するピンポイントルートになります。
渋滞時などに大津通りをはずれて、伊勢町通り、久屋大通りを走行するルートになります。名古屋で繁華街といえば、栄エリアが中心となります。

・金山エリア走行ルート

名古屋の副都心と呼ばれるようになった金山総合駅周辺を回るルートで、大津通り、八熊通り、伏見通り、山王通りを走行します。栄からも近いエリアにもかかわらず、新・旧住宅街と商業施設が混在する、リニューアルされたエリアです。

0326_2

名古屋のショッピングやグルメのスポットが集まる、名古屋随一ともいえる繁華街の栄エリアをはじめとして、名古屋の玄関口である名古屋(名駅)エリアは、広告宣伝のためにはどうしてもはずせない必須エリアになるでしょう。

名古屋の幹線道路の道幅はかなり広く、4車線道路も普通で、有名な「100メートル道路」という巨大幅の道路が若宮大通り、久屋大通りに通っています。あの大きな4tクラス以上のアドトラックが悠々と通り、周回できる道幅を持っている都市は、他にはないのではないでしょうか。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。