トラック広告を使うメリットとデメリット

020401

トラック広告の目的というと、もちろん、企業名や商品などをPRすること、イベントの告知をすることですが、音楽、ナレーションなどをつけて、目だけではなく、耳からも何らかの情報が与えられることもあります。オーソドックスな広告手法ですが、何よりもインパクトを求めて、年々多彩になるトラック広告を利用したい業種は多いでしょう。

あのひと際目立つ派手なビッグトレーラーや面白い宣伝カーが走っていると、昼でも夜でも、振り返らずにはいられない。信号待ち、渋滞中、止まっていると、余計に気になる。そんな人もいるでしょう。興味がなくても思わず振り返ってしまうのがトラック広告ではないでしょうか。そこにあるだけで、人を惹きつける魅力があるのです。

トラック広告を使うメリット

街を歩いている時、車を運転している時、車に同乗している時、いつでも無意識的に見てしまう視覚効果は、不特定多数に対して行われています。直接訴求したいターゲットを含む、多くの人を巻き込む媒体として、効果は期待してよいのではないでしょうか。規制される業種がないことも企業にとっては大きなメリットになっています。

トラック広告を使うデメリット

ハッキリと広告効果があるのか、ないのか、通行人一人一人につぶさに調査するわけではないですから、本当の効果はどのくらいあるのかは不確定なところも正直あるでしょう。加えて、運転者がいる移動広告車ですから、運転する人間の走行次第で広告の印象がよくも悪くも変わってしまうこともあり得るところがデメリットでしょう。

トラック広告に賭けてみる

何事も1日や2日で結果が出るわけはなく、トラック広告もそういうことです。トラック広告に賭けたからには、1ヵ月、3ヵ月などを繰り返し、1年間ほど経って振り返った時に結果を顧みればよいしょう。その時点で、判断しても遅くはありません。何となくの判断ではなく、マーケティング調査で判断すれば納得した結果になるでしょう。

何事にもメリットとデメリットはつきものです。ただ、デメリットをメリットに変える、メリットがデメリットを上回ることは大いにありますから、広告ツールとして生き残っている以上、メリットの方が大きいと判断してもよいのではないでしょうか。

問題だと思う部分は微々たるものであり、それこそチャンスだと視点を変えれば、物事はどんどんよい方向に流れていくものです。デメリットを恐れて何もしないことこそ、みすみすチャンスを逃しているようなもの。小さなトラックからでもいいですから、広告を始めてみましょう。何らかのステップになるはずです。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。