アドトラックで成果をあげやすい広告の出し方

021401

都市部で主流の4tクラスのアドトラック。大迫力の看板を目にしたことはあるでしょう。

このような大型アドトラックは広い道幅には最適ですが、普通車がやっとすれ違えるような道路や一方通行の道路など、狭い道が存在する小さな商店街には入っていけません。日本全国には、このような道がたくさんありますから、アドトラックの成果をよりあげやすくするためには、どの通りにも入っていけることが大事です。

大型アドトラックと小型アドトラックを併用した走行道路のすみ分けや、個性的なカスタムカーの走行で一層の認知度アップが狙えるでしょう。

アドトラックの広告方法その1  静かなアドトラックの存在もあり

大型アドトラックと小型アドトラックを併用した場合、小型アドトラックに大型アドトラックほどの音響は必要ないでしょう。同じ音響で走っていれば、かえって迷惑広告になりかねません。好印象を残すためには、あえて静かに走行している方が狭い道では効果的なのです。カスタムカーも同じこと。静かなアドトラックの存在もありでしょう。

アドトラックの広告方法その2  他媒体として、新しい視点から活用するアドトラック

これまで、チラシやタウン情報誌などの紙媒体に頼っていた小さな企業や商店も、今ではサイトでのPRが盛んです。無限にPRができる時代ですが、結果はついて来ているでしょうか。イメージや商品を根付かせなければ、固定客をつかむことは難しいでしょう。そこで、新しい視点からアドトラックの活用を検討してみるのもよいでしょう。

アドトラックの広告方法その3 長い間、アドトラックが親しまれる存在であること

アドトラック業者にとって、依頼者の成果がよければこんなに嬉しいことはありません。長い間アドトラックで広告をし続け、よいイメージがジワジワと地域の人たちに届けば、依頼者とともにWIN-WINの関係になることになるのではないでしょうか。アドトラックのイメージアップが依頼者の成果アップにつながるのです。

021402

アドトラックで成果をあげやすい広告はあるかもしれませんが、依頼者が固定観念で決めつけることでもないのです。成功させてこそ、次々と真似をする二番手が現れるのですから、成果をあげた一番手となればよいのです。それには、信頼できるノウハウを持ったアドトラック業者に相談し、依頼することが重要になります。

いつでも新しい提案をしようと努力してくれる業者、惜しみなく力を提供してくれる業者に出会うことが必須です。目に見えるアドトラックの成果を出すには、依頼者と業者の二人三脚がいかに強力かで変わるともいえるでしょう。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。