アドトラックに対する規制と罰則はどんなもの?

021701

アドトラックでの広告宣伝の大半が渋谷、新宿、池袋、銀座、六本木、秋葉原など、交通の主要ターミナルで行われていて、実際にかなりの頻度で見かけられ、確認することができます。

このような広告宣伝に慣れているような繁華街においても、アドトラックの音響による騒音が問題になったり、公序良俗に反しているようだとデザインが問題になったり、マイナスのイメージを持たれてしまうケースもあります。

アドトラックのような街宣活動に対しては、特に東京都が一番厳しい規制と罰則の対応を取っています。迷惑防止条例、生活安全条例、環境保全条例、屋外広告物条例などが制定されていますが、どの条例も、街宣活動の内容自体を規制できませんし、条例によって何かが変わったかといえば、何も変わっていないのが現状なのです。

指摘される条例や規制の問題点  公益社団法人 東京屋外広告協会の審査は、あくまで自主審査

2011年10月1日から東京都では、景観を損ねるという観点から、屋外広告物条例施行規則改定案を施行し、違反者には最高30万円の罰金という罰則を設けていますが、公益社団法人 東京屋外広告協会が実施しているデザイン基準審査は、都内車種だけの自主審査になります。

デザイン審査済証を発行するためのデザインの審査基準

1. 交通安全に配慮したデザインであること
2. 公共空間に相応しいデザインであること
3. 街区の景観に配慮したデザインであること
4. 街区の賑わいに資する洗練されたデザインであること
5. 年齢、性別に係らず人々に不快感を与えないデザインであること
6. 社会的弱者に配慮したデザイン及び広告方法であること 

指摘される条例や規制の問題点  拡声機や音響スピーカーによる騒音規制はあってないようなもの

不用品回収車や音楽やナレーションを流して走行するアドトラックは、誰もが快く聞いているとは限りません。このような音に対する条例として、多くの地方自治体が拡声機暴騒音規制条例、環境確保条例の拡声機に係る基準などを制定していますが、罰則はないために取り締まれない状態にあります。

指摘される条例や規制の問題点  他県ナンバーのアドトラックは野放し

条例や規制対象の都内8ナンバー(放送宣伝車)以外の他県ナンバーのアドトラックが、堂々と都内の繁華街を走行しているという現実があります。アドトラック業界の中からも「一種の営業妨害にもあたるのではないか」、「今後、どのように規制していくのか」、「顧客が流れるのではないか」などという不満の声が挙がっています。

一部の業者による条例や規制違反によって、このような悪いイメージを与えてしまっているのは、業者にとってもマイナスでしかありません。現在進行中ですが、公益社団法人 東京屋外広告協会では、東京都広告物審議会の答申を受ける形で、デザインの質の向上を目的として、ラッピングバス・電車・広告宣伝車などの優良デザイン表彰制度を検討しているようです。

この制度が軌道に乗り、街の声をしっかりと受け止めたデザインや規制によって、アドトラック業界がまとまっていくことで、業界自らの体制が変わっていくことが期待されているのです。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。