アドトラックの価格を決めるには?広告プロモーション別に見る3つの要素

021501

初めての依頼ではアドトラックの相場がわからない

アドトラックを依頼すると、いくらかかるのか、どうやってどれを選べばよいのか、初めての依頼ではまったく基準がわからないでしょう。

ちょっと初めて入ったレストランを想像してみてください。メニューを見ても何がよいのかわからない時は、お勧めをたずねませんか。いきなり価格欄だけを見て決めたりはしないでしょう。よほど高いところでない限りは。まず、これが食べたいけれど、おすすめを聞いてみるのです。

そうすれば、いくつかを選んでくれますから。アドトラックもそれと同じで、希望を伝えた時点で何かの答えは返ってくるはずです。

「アドトラックの価格には何の価格が入っているのか」が基本

アドトラックの価格の中には、いろいろな価格が組み込まれています。その価格の種類は、例えばラッピング費・デザイン費・施工費・車両保険費・ドライバー人件費・駐車場費・車両燃料費・道路使用許可申請費などで、業者によって多少の違いがあるでしょう。アドトラックのサイズや種類によっても価格は違いますし、こうした込みの価格の違いで変わってくることも考えられます。

アドトラックの価格に見る決め手A案  アドトラックだけで広告プロモーションを行う場合

予算はアドトラックだけに集中できますから、そこだけに特化して決めていくことが可能です。宣伝の意図、商品、ターゲット、時間などをアドトラック業者に伝えて相談すれば、最適なもの、適しているものを提案してくれるでしょう。オプションが提示されることもあるでしょうが、そこは本当に必要なのか、価格が妥当なのかを検討しましょう。

アドトラックの価格に見る決め手B案  メディアミックスで広告プロモーションを行う場合

アドトラックが、チラシ、雑誌、新聞、ラジオ・テレビCMなどと連動したメディアミックスの一つとしての扱いで予算に限りがある場合は、それぞれの媒体の予算を徹底的に見直し、分配を決めましょう。最終的に、譲れない価格が出たところで何が依頼できるかを業者に相談します。デザインは他媒体のデザインと統一することが望ましいでしょう。

アドトラックの価格に見る決め手C案  オリジナル性あるカスタムカーで広告プロモーションを行う場合

ヤフーの2015年1月の調査で、若年層はスマホしか使わないという衝撃的な調査結果が出ました。この層には、TwitterとInstagramに載せたくなる何かが必要になるでしょう。スマホ×アドトラック。価格が問題ですが、カスタムカーを製作し、形から興味を持ってもらうことで、情報を広めてもらう可能性は高くなります。

価格は大事だけれど、価格は一番ではない

何かを選ぼう、購入しようとした時に、先に価格を見てしまっては選ぶ範囲が狭まってしまいます。まず、商品の品質、提案の内容を見ることにすれば、自然と範囲は決まってくるのではないでしょうか。次に、説明してくれる人への信頼、価格はその次という具合に、多くの人は決めていくという結果もあります。

商品の品質は大事ですが、人への信頼ということも大事で、どんなことでも真剣に、柔軟に対応してくれる業者でなければ、不安な業者にお金は出そうとは思わないでしょう。価格は大事ですが、自分の立場になって考えてくれる人かどうかが分かれ道です。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。