アドトラックの会社はこうやって選べ!選び方のポイント3選

0332

アドトラックでの広告宣伝。マス媒体よりは低価格とはいうものの、決して数万円では済まない金額です。広告を依頼する前には、なぜアドトラックで広告宣伝をしたいのかをよく検討した上で、アドトラックの会社に相談しましょう。さて、相談の段階になったとしたら、何をどう問い合わせれば…と思うかもしれません。一度でも依頼していればある程度は様子がわかるかもしれませんが、それでもよくわからないことはまだあるでしょう。わからないことがわからない。それもあるでしょう。

何を宣伝したいのか、予算はどのくらいか、どういうターゲットなのかなど、広告の意図によってもアドトラックの選択は変わってきます。アドトラック一つをとってみても、小型、大型、ステイサスを感じさせるトラックまでいろいろありますから、アドトラックの会社に伝えるべきことを整理しておくことは大切です。では、よいアドトラックの会社を見つけるためには、どうすればよいのでしょうか。

選び方のポイント1 アドトラックの種類が多い会社を選ぶ

数ある中からどのアドトラックの会社にするのか、問い合わせをする段階から迷うでしょう。アドトラックの種類の選択もわからない段階でしたら、いろいろ選べる会社でなければ、
高くついてしまう可能性があります。なぜなら、自社所有でなく、どこかから車体を借りてくるようでは手数料が上乗せされてしまうからです。

選び方のポイント2 専任スタッフがつく会社を選ぶ

問い合わせをして具体的な相談が始まったら、専任のスタッフが一人つくのかどうかで進行具合と信頼度は変わってくるでしょう。いつも違う人が対応したり、不在だったりするようでは、話のニュアンスが微妙に食い違ってきますし、見積り金額についてもコロコロ変わる可能性があるからです。

選び方のポイント3 ノウハウが豊富な、事例がたくさんある会社を選ぶ

相談をしている広告宣伝と同じような案件を手掛けたことのあるノウハウがあれば安心でしょう。話だけでなく、過去の事例集を見せてもらうことです。多くのノウハウがあれば、不測の事態にも対応能力が高いことが期待できます。言葉を濁して事例集がない場合は、その時点で手を引きましょう。

相談をしているうちに、広告展開が変わってくることもあるかもしれません。その時にも親身になって考えてくれるアドトラックの会社なら、広告効果もアップすることでしょう。話をするうちに、思いもよらない話を持ち出していくつもオプションがついたり、見積りが二転三転するようだったり、見積りの間違いが多かったり、減額で嫌な顔をされたりする会社は、注意をした方がよいでしょう。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。