アドトラックを福岡で走行させる場合のルートとそのポイント

0323_1

何と、地方の人口が減り続ける時代に、福岡市は今後20年間、人口が増え続ける唯一の都市だそうで、国家戦略特区になったとか。その勢いそのままに、今日もアドトラックは街中を走行しています。これまでの広告戦略が混沌としている今だからこそ、比較的新しい分野であるアドトラックでの広告宣伝を戦略にうまく活用して、PRの突破口を開いてみませんか。

将来の期待をされている福岡にとって、何でもやってみなければわかりません。これまでアドトラックの広告宣伝に消極的だったとしたら、一度検討してはいかがでしょう。

首都圏ではほとんど4tクラスのアドトラックが主流ですが、福岡では1.5tクラスのアドトラックの需要も多いため、業者で用意しているところもあります。音を響かせ、主要道路を走行することも可能ですが、路地裏の小さな道路を走行し、広告を訴えていくことも可能なのです。繁華街や人の多く集まる場所から主要エリア、ピンポイントで小回りの走行をするエリアなど、いくつかのルートがあります。希望すれば、走行できない条件の通りでない限り、候補ルート以外のルートを運行することも可能です。

アドトラック福岡エリア走行ルートの一例

交通機関の発達した街である、福岡。その分、渋滞も引き起こします。通常ルートとして運行するのは、最も賑やかな博多駅周辺と天神周辺を中心に、中州のある博多川と那珂川を挟んだ、広範囲を網羅して走行します。

迂回走行ルート

市内のバス運行台数は日本一ともいわれ、中心部は渋滞が多くなりますから、あまりの交通の混雑時には通常の運行ルートを変更することもあります。渡辺通り、国体道路、天神西通り、明治通りを走行します。

ピンポイント2走行ルート

昼、夜の使い分けができるピンポイントルートになります。

1.博多駅を囲んで西側を回るコースで、竹下通り、筑紫通り、はかた駅前通り、祇園大通り、大博通り、空港通りを走行します。

2.天神の駅前繁華街を周るコースで、渡辺通り、国体道路、天神西通り、明治通りを走行します。

0323_2

地元の人からすれば、天神から中洲にかけたあの有名な巨大繁華街は、渋谷や新宿などと比べても引けをとらないというほど、賑やかなところとなっています。東京で例えると、天神は渋谷や新宿、中洲は歌舞伎町、博多は東京駅というところかもしれません。

天神駅周辺というのは、九州最大の繁華街といえるほどですし、夜の歓楽街としても栄えている中州も何度となくTVやラジオに登場するような、全国的に知名度のある集客場所ですから、東京と同じくらい大きなアドトラックが走行していたら、目立たないわけがないでしょう。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。