広告トラックでのPRに向いている商品やサービス

020501

広告トラックといえば?

広告トラックで、すぐ思い起こすとすれば、映画のキャンペーンやミュージシャンのキャンペーン、ファッションのキャンペーン、アニメ系のキャンペーンなど、とにかく大きなビジュアルに音響がついているものではないでしょうか。

トラックが大きくなればなるほど横幅も伸びますから、かなり巨大なビジュアルが目の前に現れることになります。その主人公やキャンペーン商品のファンであれば、すぐ興味を引くはずです。すでに土台の知名度がある程度あれば、人々が立ち止まって見てくれる確率は多ければ100%、それ以上いくかもしれません。

広告トラックといえば、定番のアレ。記憶に残る3大広告トラック

街の中心で展開する広告トラックだからこその定番があります。街の中心街には店舗がぎっしりと立ち並び、CDショップ、ファッションストア、映画館、ブックストアなど、広告と関連する業種が入っています。広告トラックを見かけた後に、思い出して買い物をする可能性を考えると、直接購買にも役立っていることはありそうです。

わかっているからこそ、メインターゲットにPRする、「音楽の広告トラック」

韓流ブームがやって来て、日本の芸能界も変わりました。韓国人アーティストはもう普通に、そして、次々と日本で活躍しています。音楽では、アイドルグループが多いのですが、何人も並んだビジュアルに音楽が流れる広告トラックが街を走れば、実際の人ではないのに黄色い声援も飛ぶほどです。ファンが必ずいる商品は、断然強い効果があります。

若い女子をターゲットにした、「ファッション、ファッション雑誌の広告トラック」

ファッションやファッション雑誌の広告トラックには、モデルが載った写真が多いのですが、憧れのモデルを大きく扱い、イメージを購買につなげたいこともあるのでしょう。“このモデルが着れば飛ぶように売れる”という意図がある広告トラックをよく見かけないでしょうか。あるモデルの関連商品では、経済効果は1,000億円とか…。

告知も兼ねた、知らない情報の提供にもなる、「映画の広告トラック」

020502

音楽やファッションが比較的若年層にアピールしているのに対し、映画は答若男女に告知も兼ねた未知の情報をアピールしているのでしょう。もちろん、映画の種類にもよりますが、ストーリーを連想させる役割も果たしています。最近では、SNSを意識してか、立体的なオブジェを使用した広告トラックも見かけるようになりました。

広告トラックと出会い、思いつきが現実となる不思議

もし、映画を見たくなったとしましょう。もし、音楽を聞きたくなったとしましょう。もし、洋服が買いたくなったとしましょう。街を歩いていて、何となくそうしたいと思った時に、ドンピシャでその広告トラックと遭遇したら、インパクトに押されてそうしてしまう可能性はないでしょうか。漠然としていたものが、急にビジュアルと一体化して、見た瞬間にこれだと閃くこともあるのです。

人々の「何か」の時に、心にスッとアピールしてくる広告。しかも、トラックで移動してやって来るのですから、思いつきが現実になる魔法のようではありませんか。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。