アドトラック運行時に流す音源はどうすればいい?音楽著作権について

アドトラック運行時に流せる音源について

 

d15009-1-442793-1

アドトラックを運行する時に流せる音源について「何かルールがあるの?」と言う質問を多く頂きます。

今回はこの『音源』に関してお答えします。

流す音源は何でもいいの?

 

これさえあればOK!アドトラック運行に必要なものは「デザイン」「スケジュール」「ルート」「音源」

の記事でも記載した、走行に必要なものの一つ「音源」

2102f1c5309f2a160f3329752a7075c4_s

アドトラック運行時に流せる音源は

著作権を所有しているものか、著作権フリーなもの

のみが使用できると言う事になります。

つまり、市販されている音源をそのまま使用する事はNGと言う事になります。

では、どうすればいいのか説明させて頂きますね。

著作権を所有しているものとは何か?

 

ppc_marshallnoanpu_tp_v

自身で制作した「オリジナル楽曲」や正式な手続きを踏んで外注した楽曲などが該当します。

つまり、他人の楽曲や有名アーティストの楽曲などは無断で使用する事は出来ません。

どうしても使用したい楽曲がある場合は日本音楽著作権協会(JASRAC)との間で手続きをして頂ければ使用する事は可能となります。

日本音楽著作権協会(JASRAC)

音楽著作権とは?

著作権フリーのものは何か?

 

ty36

著作権が存在しないもの、もしくは著作権が放棄された状態のものの事を言います。

この場合はフリー素材として楽曲が販売されているものを使用するか

youtubeなどでも著作権フリーのものが多くありますので、そちらから使用して頂く事をお勧めしております。

音源は楽曲でなくてもOK!

 

ina85_recyoukonndensam_tp_v

アドトラック運行時の音源は楽曲も多いですが、ナレーションも多く使われています。

ナレーションを使ってのPRも大きな効果を得やすいです。

この辺りは実際にどの様なPR内容をするかにもよって来ますので一番伝わりやすいものを選びましょう。

まとめ

 

アドトトラックは視覚・聴覚の両方から伝えて行く事が出来るので非常に面白い媒体です。

その上で「伝わりやすさ」が一番重要ですので

広告面と音源の上手い組み合わせを作って行く事が非常に大事です。

音源も上手く活用してアドトラックで見た人の心に残るPRをして行きましょう。

エキゾチック ライター

この記事を書いた人

エキゾチックワールドに所属する謎のライター。 広告に関する知識にとても詳しいがそれ以外の事は多くを語ろうとしない為、そのほとんどが謎に包まれている…。 唯一わかっていることは切手を集めることが好き。 今エキゾチックワールドにライターとして所属していることにも何か意味がありそうだ…。