アドトラックのPRの運行日数(期間)の決定方法

PR日数は長いほど良いのか?

lgf01a201310230600

アドトラックで商材をPRする場合に誰もが悩むことがあります。

それは、

「PRを行う日数は何日間がいいんだろう?」

という事です。

アドトラックの運行日数の決め方はどんな目的で使用するかによって3つに分かれると言えます。

運行日数を決める上での3つの考え方

ご相談を頂く中でよく聞く意見としまして

 

「長くPRはもちろんしたいけどその分費用が掛かるので予算内で済むなら極力長くPRしてほしい」

「そもそもアドトラック自体どれくらい効果があるか分からないので他の人がどれくらいの期間やることが多いのか教えて欲しい。」

「7日間くらいやれば十分だと思っている」

 

などなど色々なお話を聞くことがあります。

 

では実際にPRする日数をどのような考えの基決めていけばいいのか?

その為にはまず、PRの目的を決めましょう!

 

 

目的1.作った商品が売れるようにしたい。イベントだったら人が集まるようにしたい。

lgi01a201407270900

この場合でしたら厳しい話になってしまいますがまず1日のみのアドトラックPRでは効果を体感するのは難しいでしょう。商品を購入したい、イベントに参加したいという想いは一瞬見ただけでは芽生えにくいからです。
アドトラックの第一目的は「気にさせる事」です。そこから先は個人でその情報を調べる等して実際に行動に移してもらう必要があります。
その芽をまく作業だと考えると費用対効果を合わせる為にも最低でも7日間は必要でしょう。

 

 

目的2.素晴らしい商品が出来た。あとはこの商品を誰もが知る商品になるよう有名にしていきたい!

arrow451

この場合は目的が商品のブランディングになりますので長期間のPRが必要になります。最低でも1カ月~のPRは必要になると考えてください。
商品の認知定着を狙う為には、その商品を「いつも」「どこかで」見かける必要があります。

その為1週間や2週間では「いつも見かける状況」が作り出せません。
1カ月間同じ地域をアドトラックが運行していれば「あのトラックいつも走っているな」となります。
そこから認知が広がっていくものです。最低でも1カ月は必要と考えましょう。

 

 

目的3.イベントをとにかく盛大に盛り上げたい。

7968954274_cb3e6a21cf_b
こういった場合はそのイベントの日のみ、その周辺をPR走行をするのが良いでしょう。イベント会場の横にトラックをつけて巨大な看板と音でPRするという手法も多く使われていますよ。
集客という目的ではなく、イベントを盛り上げる目的として利用する手段になります。
この場合はイベント期間だけを単発で使用するのが良いでしょう。
アドトラックがイベント会場周辺を周回していることで参加者はイベント自体の規模間をとても大きなものに感じるでしょう。

まとめ

PRしたい商品をアドトラック広告によって今すぐに売りたいのか?それとも認知を高めたいのか?盛り上げたいのかという狙った意図によってPRすべき日数は変わります。
もちろん長い期間をPRし続けられれば全てをカバーできる為、一番有効な手段ですが費用を考えるとそうもいかないのが現実です。
ですのでアドトラックPRを行う目的を明確にして、その用途に合った運行期間を設定していきましょう!

 

▼エキゾチックワールドのアドトラックPRについて詳しくはこちら▼

side_ad_banner-1

▼お見積り・お問い合せフォームはこちら

https://www.exotic-world.jp/inq-adtruck/

TEL:03-6828-1194(平日10:00〜19:00)

柳町清人(ヤナギ)

この記事を書いた人

株式会社エキゾチックワールド取締役の柳町清人です。社内ではヤナギと呼ばれています。 自分の世界に刺激を与えてくれる面白い体験を探し続けてます!趣味は音楽を聴きながらの読書とゲームです♪ただ、スターオーシャンシリーズ5が出たにも関わらずDTM(音楽)にはまってしまったので今はいったんゲームはお休み中です☆音楽は最高!